« 2006年6月 | メイン

2006-07-27

山上の夕べ2006

山上の夕べ2006 宮下ムソー

参加者24人のめまぐるしい山上の夕べが終わりました。
山上の夕べは、常連の皆さんが送迎、会場作り、料理を手際よく進めてくれるので、「裏方に徹するだけのスタッフ」が一人もいないで済みます。今年は料理に必要な道具の不足を具体的にチェックしたので、来年はもっと楽に料理出来るように準備出来ます。会場作りに関しては、さすがに3年目、みんな慣れた物であっという間に完了しました。

なんとか晴れた午後の部は、いつもの店で食事しながら江藤さんを中心に濃厚な話題で盛り上がり、いざ海へ。
海水浴と「夕べ」の関係はそもそもは全く考えられておらず、「大耳族で海に行くことなんてないよねー」という軽い動機だったのですが、今年は海に行く必然性がはっきりわかりました。というのも、新部さんが仙骨を沈めて浅瀬に30分程浸かって波のリズムを身体にしみ込ませていたのですが、これが踊りにはっきり現れるのです。今年の夕べは、まず勝人さんの演奏指導、集中講座の後、なんとなーく新部さんが踊りだし、なんとなーくちょこさんが太鼓を叩き始めて始まったのですが、この新部さんの踊りが最高に素晴らしかった。海のリズムを思わせる静かでスケールの大きい踊り。坂田さんの青い照明も合ってたし、みんな吸い寄せられるように演奏に参加し、あるいは新部さんの踊りを見つめていました。

その後のセッションは、笠井さんのキーボードが抜群に冴えていたと思います。さすが、山上に向けて気合いを入れていただけの事はある。去年の演奏もかっこ良かったんだけど、今年は去年とはまったく違っていて、コズミックな音が多くて唸らされました。
おまけに、花田さんが早い時間に来てくれることがわかって、一同歓声を上げました。花田さんから電話がかかって来てみんな歓声を上げるというのも、なんだか年中行事になってきたなあ。渡辺さんも満を持して登場、もう本当に一気に音が引き締まるから惚れ惚れします。叩く者の腕の差は勿論あるけど、あのくらいの小さな会場では、やはり生ドラム全体から発せられる振動が場を作って行くのであって、電子ドラムでは出来ない事が多いですね。音楽のみを聴いていたらVドラムの音もかなりリアルなんですけど、踊りの事を考えると物足りない。
というわけで今年もオンゴロの演奏が実現した訳ですが、即興演奏なのに完全に「曲」になってるからたまげます。僕はドラムを叩くので特に渡辺さんのことばかり書きますけど、渡辺さんのドラムには歌心があって、曲として成り立たせるための盛り上げ、それはシンバルを一発入れるとかスネアの音量コントロールとかなんですけど、そんな工夫が完璧で、頭の中でメロディーが自然に生まれてくる感じがします。


ちょこさんにソロで踊ってもらう時間が取れなかったのは残念ですが、弾けた衣装で楽しそうに予測不能な動きを見せてくれて、特にあの赤い水中ゴーグル衣装!なんじゃこりゃーというべき衣装を「ちょっとしたおしゃれ」といった感じで身に付けてるのがいいです。みんな「なんじゃこりゃ」と思わなかったのでしょうか?それと、「ちょこさんが太鼓を叩くと必ず素晴らしいセッションになる」という僕の仮説に確信が深まりました。

踊りと言えば端乃さん。素晴らしかった。なめらかで軽い。渓流を走る水の複雑な動きを見ているようだった。松本さんの踊りもここ半年観たなかで一番素敵だったと思います。踊りの充実してた一夜でした。

劇団全裸の朗読は毎回完成度を増しているし、松本さんが衣装着て気合いを入れればやはり見応えのある物になるのでした。あとは、終わった瞬間に勝ち誇ってて欲しいんですよねえ。圧倒的な眼力で観客を睨みつけたまま時間を止めて欲しいんです。その方が観客に優しく、拍手しやすいと思います。ちえこさんのピアノが正統派なので、異端の松本さんとの組み合わせはバランスが良く、ライヴの場が増えそうなだけに、終わる方法の探求が必要だと思いました。

そしてライヴペインティング4連発。全員全く画風が違う。僕はちょこさんの凄いヴォイスと端乃さんの上手いヴォイスにそのまま飲み込まれて、何も考えずに身体の欲求に従って筆を走らせました。完全に満足したし、腰で描く方法が実感としてわかったので、作品を残すことに執着しなかったし、僕にとっての「山上の夕べ」はライヴペインティングの場なのかもしれません。

最後に、今年の影の主役はウラジミールさんだったかも。物語調即興ヴォイスが完成の域に達し、松本Kの詩を詩劇として朗読し、精悍な顔つきで帰って行ったウラジミールさん。バンド「テンション上がってきた」のライヴが楽しみです。

裏の裏の主役は江藤さんでした。来年の「山上の夕べ」はどうなる事やら。気が早い?でも、来年の参加予約者がもう何人もいますからね。

山上の夕べ、本当にお疲れ様です。 宮井智仁

初参加でしたが、毎回の夕べも時間制限がなかったら いつもこんな風になるのかなぁー、と想像しては ひとりで噴き出すどころか、シクシク泣き続ける筋肉痛と共にしょんぼりしております。

楽しかったですし勉強になりましたし普段出来ないような貴重な体験をしたり踊ってみたりと 色々なことがあって、とてもおもしろかったです。

はてさて、今週の夕べでこの山上効果が大耳族へどう影響してくるのか…楽しみではありますが、なんかちょっぴり怖いような気もしております。

ありがとうございました  ちい坊

下松さん、ムソーさん、みなさん。大変お世話になりました。
初参加にも関わらず快く迎えいれて下さり感謝します。

重たいデジタルピアノの移動まで手伝って頂いたりと 恐縮な思いでいっぱいでしたが
それ以上に有り難い気持ちがたくさんです。

夜通しのセッションはもちろん、みなさんとお話が出来て
お近づきになれた事がすごく嬉しいです。楽しかった!
今後もどうぞよろしくお願い致します。

綴りたいことは色々あるような気がするのですが先ずは御礼まで。
皆様お疲れが出ませんようにご自愛下さい。

山上の夕べ にいべ

今年も稲妻が駆け抜けるように、山上が終わりました。いや来年に向けて始まったのかという感もありますが、皆さんお疲れ様でした。

おどりは僕はミツノさんの踊りが良かった。最近夕べに再登場したときも良いなぁと思ったのですが、あらためて目を見張りました。そして美南さんの踊りが、ポイント毎に目を見張る動きやフォルムがあって、ウン、僕も精進せねばと思いました。

フォルムと言へば松本さんの踊りのフォルムの美しさ。僕はどちらかと言へば脱力系?ですが、松本さんのあえてウンと力を入れる体のラインも綺麗だなぁと思いました。

そしてちょこさんの水中ゴーグル衣装、そんなすごい格好をして踊っても、何故かさまになっている・・・ちょこさんってすごい。

音楽組みは僕は宮井さんの暴れベースがすごく印象的です。もちろん全体の演奏もすごかった。そしてあれはライブペインティングでしたか、ミツノさんの踊りながらのボイスがステキでした。

ライブペインティングは宮下さんが印象的です。月並みな言い方かもしれませんが、僕は宮下さんのペインティングをみて、こっそり岡本太郎とつぶやきました。

最後に、明け方みんなで帰り組みの後片付けを手伝って、一階に下りるとaskaさんが水場で筆を洗いながら「にいべさんこの水で顔を洗うと気持ちいいですよ~」と言っている姿にほのぼのしたり、裏オカルト倶楽部ならぬ、裏山上の夕べで、結局昼近くまで盛り上がったり(僕は途中でダウンしましたが)、そんな翌日のユックリとした時間も、これは山上2006の終わりではなく山上2007の始まりなのか・・・と思ったしだいです。

おつかれさまでした~ かさい

山上の夕べ かけぬけていきましたね、もう記憶にないくらいです。

演奏、お褒めいただきありがとうございます。きっと演奏前に飲んだ 缶ビールが聞いたのでしょう。あれで どうにでもなれみたいになりましたから。笑

さぁ 金曜もこの山上の空気を持ち込めたらいいですね
腕の立つ演奏者、パフォーマーと一緒にやれる経験が育ててくれます、幸せなことです。

山上お疲れ様でした。 こそこぞ

山上の夕べ、お疲れ様でした。
今年で3年目になるんですねぇ。なんだか、あっという間に3年なんですねぇ。なんだか月日が経つのが早く感じます。
今年も凄い一夜でした。でも、長い長い一夜でもあっという間の一夜でした。
また、来年も楽しみです。
これからもよろしくお願いします。

一息つきました。 ミツノ

私は未だ興奮醒め止まない、でも一応落ち着きつつあります。
みなさま今夜はどうお過ごしですか?

山上の夕べ!人に送ったメールですが、ここにも転載致します。
皆々様、目を通してくださると幸いです。

今回のライブペインティング、私は初めて目撃したのですが、現場のエネルギーは想像以上!
この場を借りて、順を追って感じたことを述べてみたいと思います。

松本Kさんのライブペインティング、まるで巨匠パウル・クレーの絵みたいだった。
凄いよ!これは!パッションも超えていきそうな勢い。
無垢さと緻密さ、リズム感が現れてきている。
このまま進んでいって良いと思う。
いや、行け!!!!

ムソーさんのペインティングも凄くて、凄くて!エネルギーの渦がそのまま念写されているみたいだった。
激動している感じのまま、更に一枚の絵画としてバランスが絶妙だった。
これ以上発言できない。そのまま受け取る以外には。

みなみさんのペインティング。
あなたは眼が優(すぐ)れている。
必要なもの以外描かれていない。
あなたの感性は男性か?
ロックの魂すら感じるのです!

そしてkazさんのライブペインティング!4人の中では一番大きく見えました。
はじめは「手、のようなもの?」なんて思っていたのですが、よくよく全体を見ていると、なんと動いている巨大な人の姿!の、ようなものでした!!!
           象徴的だった。

とりあえず、これがわたくしのライブペインティングの感想でした。

私も描いてみたい、と思ってしまったのですが、本当に描きたくて描きたくてたまらなくなる日まで、気持ちを温めておこうと思います。

最後に新部さんの踊りについて。
抜群だったよう!
うまい!本当に!
今まであまりソロのように踊っているところを見れなかったのは、下松さんの計らいか!?天の采配か!?!
ズバ抜けた影響力は、ここぞという時にこそ出すべきだという判断に違いないよう!

とりあえず、今夜はここまでです。
末筆になりましたが、みなさまほんとうにありがとうありがとうありがとう!
わたしはあの日、もうすでに自分がいなかった。

幸福です。    それではまた、

これからもどうぞ、よろしくね!
ぺこっ。

今回の山上の夕べ 江藤一典

下松さん宮下さん、大変お疲れ様でした。今回の山上の夕べは、みんなに思いやりがあった気がします。僕も雑用をなるたけ率先してやるようにしていたのですが、前半戦の海水浴で疲れてしまって、思うように出来ない所もあったりしました。夕べの3分の1くらい眠ってたしですね。でも、僕は凄く充実していて、凄く楽しかったです。うん、なんか夢の様に楽しかった。夕べの印象は、素晴らしい表現もありつつ、次の大耳に大きな可能性を感じました。新しい人材に貪欲に表現を求めさせる、懐の深さが今回の山上の夕べにはありました。これからが楽しみです。

5b4fdfc305dae984 0d92de5f

_2006_0723_012042aa7fa0d7b72e9a4b6d 183065708_124

2006-07-18

大耳ネットワークの夕べ 2006年7月14日

カズ・松本K・ミツノ・みなみちゃんが踊り、音楽組の演奏が光るセットの映像はココをクリック↓

                    2006_0714_oomimiyuube_mitunominami.wmvをダウンロード 

たのしかったです たけい

下松さん、いつもお疲れ様です。昨日も楽しかったです。ムソーくんのVドラムをみていたら、どうしてもトリプルでやりたくなりました。ドラム3台だと、どうしても張り合ってしまって失礼しました。しばらく休むと、みなさんがいろいろな方向に向かおうとしているのが見えてとても興味深いです。

たのしかったです2  にいべ

感想を尋ねられたとき、とっさに整理できなかったのですが、
ムソーさんの絵です。前回の「ねむくなれの」インパクトが強くそのように思うのかもしれませんが、前夜の絵は、何か透明度、「透明度」という印象を受けました。

昨夜の感想 宮下ムソー

シド・バレットが死に、中東戦争が勃発しそうな状況下での夕べ。
ソロでは、なんといっても浜本さんの「誰も知らない物真似シリーズ」に動揺です。「似てるか似てないか誰にも判別出来ないじゃん」というネタの段階を越え、なんと「物真似という形の私小説」の様相を呈し始めました。不意をつかれ、ショックを受けました。こういう方法があったかと、驚きました。「誰も知らないパソコン教室の先生」が、まさか数ヶ月後にこのようなショッキングな形で再登場するとは、誰が予想できたでしょうか。この調子で、「誰も知らない」はずの登場人物たちが、浜本異界の住人として皆に認知され、物真似の形を借りたツインピークスのような、浜本世界が断片的に語られて行くのでしょうか。壮大過ぎです。
ソロではもう一つ、江藤さんの歌も面白かったです。狂気に取り憑かれた男おいどん、といった風体は笑いを誘うのですが、ずっと見ているうちに、歌の本気度に引き込まれました。
演奏は、大人数だと音数が多くて大変なのですが、昨夜は特に音量のある楽器と小さい楽器の落差が激しかったので、もったいない場面が多かったですね。自分が入ってないセットを観察すると、そこらへんがとても良く見えて勉強になりました。踊りを含めた場の要求している雰囲気にそぐわないフレーズ、音色は、弾けば弾く程めちゃくちゃになって行くので怖いです。
ジマオさんが出していたのだと思うのですが、「ブーーーーーーン」というゴツい低音、あれはなかなかいけますね。色々バリエーションを聴きたいと思いました。
踊りは、実は浜本さんの突発的な動きにビックリする事が多いので、DVDでじっくり見返すのが楽しみです。

それを言っちゃあおしまい ジマオ氏

>誰も知らないモノマネ
 ギガ在籍時に菊ちゃんと二人芝居の稽古中にそういうモノマネを繰り広げて、同じ境地に達したことがありました。あと、友人が昔の友達と一緒に中学校の頃の先生のモノマネを録音したテープを聞かされたときも同じ境地を見た記憶があります。
 どちらも残念なのは、一緒にいた声の大きい理解できない人間が「わかんないじゃん!つまらないよ!」とせっかく生まれた儚い世界を消しにかかられたことですが。

それを言っちゃあおしまいのツッコミは厳禁。ダメ、ゼッタイ。

>低音  この前は大幅に音を入れ替えたのでどれがどれだか(苦笑)。洗いなおして置きます。

大耳ネットワークの夕べ 大耳  下松

ようやく肉体も精神もまっとうに近づいてきたので7月14日の夕べの感想を載せたいと思います。
ソロでは僕も浜本さんが強烈でした。確かに「物真似の形を借りたツインピークス」という例えは的確に言いえているし、僕も明るいリンチワールドを感じました。次回はどんな登場人物が出てくるのかスゴク楽しみです。
江藤君の歌も凄いとは思いましたが、個人的に被害妄想ぎみの歌詞が好きではなかったです。もっと男おいどんになってくれると、より好きになれると思いました。
フカホリさんの切れのイイ即興詩もスゴイです、あんなリズムで即興詩を語る人なんて見たことがありません。まず誰も出来ないんじゃないでしょうか。今回は内容も好きでした。

音楽組はとにかく人が多くて、どんな風にやってもらったら良いか考えるので気が狂いそうでした。ですからセットの印象より個人のプレイが残っています。
ハンキン君のドラムにはなださんのベースにノイズ系のジマオ氏にかさいくんのキーボードが冴えていたように感じました。
ラストの演奏は人数が多いわりに良くまとまった演奏していて、みんな腕が上がって来ているなあと感心しました。

踊り組は新部君、みなみちゃん、みつのちゃんが俄然伸びて来てます。 最近、音楽組の上達にくらべ、ちょっと気になっていたいたのですが、この調子で行けばかなり良くなると自信が持てました。

それから松本Kとちえこさんのセットですが、前回にくらべ完成度は落ちたけど、面白味は増したと思いました。 2人の表現に賭ける情熱がひしひしと伝わって来て、朗読と音楽という表現形態の可能性を予感させるものだった。これからもシツコク続けて、より完成度が高くなおかつ面白い作品を見せてほしいです。

こんばんは ちえこ

先日も夕べに参加させて頂き御礼申し上げます。下松さん、皆さん、お世話になりました。
思い感じた事を自身のMIXI日記に吐き散らかしてしまったのですが、ようやく正気に戻りつつ
ここから破壊に向かってみようかという新たな阿呆精神が出てきましたので書きこみしています。

松本さんとのセットについて様々な助言・感想を頂き 有難く受け止めております。
強烈なものを生み出したいという思いをぶつけあって しつこく展開していきますので
今後もどうぞよろしくお願い致します。

バンドセッションでのピアノに関しては 己の引き出しの少なさに頭を抱えて掻きむしっている所です。
様々なジャンルの物事を見聞き(観聴き?)し 取り込む修行が必要だと痛感。

6/23の夕べのDVDをみて復習しているのですが その場の空気を読むことを勉強しなければと思いました。
あと、ムソーさんのドラムにずいぶん助けてもらっている気がします。

写真・大耳写真部 素描・にいべくん

_2006_0714_221614aa_1

_2006_0714_202758aa_1_2006_0714_204312aa_1_2006_0714_213550aa_1_2006_0714_210248aa_1_2006_0714_220143aa_1_2006_0714_220904aa_1_2006_0714_221135aa _2006_0714_221151aa_2006_0714_215035aa_1 
_2006_0714_221415aaImg_743842_38936676_0

2006-07-09

オカルト倶楽部 2006年7月1日

意外な展開をみせたオカルト倶楽部   宮下ムソー

オカルト倶楽部お疲れさまでした。毎度徹夜ですが、今回は思わぬヘヴィーな話題で翌日10時まで一睡もせず語り尽くして、語りたがりの私の脳みそも大変満足しています。
身体論2では、新部さんが紹介し、最近の大耳流行語となった「しょんぼり」をキーワードに、かつての日本人の正しい姿勢を考察。腰椎から背骨を天に向かって伸ばすのではなく、腰椎を大地に向かってしょんぼり垂らすイメージを獲得しました。そして、合気道の達人塩田剛三のDVD鑑賞。神技の数々に驚嘆、塩田先生の「連続殺人鬼の眼力」にさらに驚嘆、全開で痛めつけられる弟子に本気で同情。このひと、大往生したからいいものの、認知症老人になって街を徘徊していたら、とんだパニックになっている所です。合気道の道場のそばには住むまいと強く思いました。
身体論については、今後まだまだ掘り下げるのでしょうから、おおいに期待しています。

その後、江藤さんを講師に、裏オカルト倶楽部が開幕。蛇行するエロスとタナトス、性を忌避、イノセンス求めて透明な天国行を希求する少年少女のどん詰まりの日常について。中谷美紀1stアルバムのプラスティックの人口楽園について。僕は江藤さんの抱えているテーマは、実は半分くらい理解出来て、しかし自分はある時期そこから離脱したので、とても興味深く聴かせてもらいました。非常に有意義なお話だったと思うし、若い世代の男子にとってはかなり普遍的な問題だと思います。とはいえ、思春期の問題というのはすべてそうでしょうが、解決済みの人間にとっては極めてばかばかしくも見える。しかし、大耳のモスト・アンダーグラウンド男・江藤氏の赤裸裸でユーモアを忘れない語りが、聞き流すことを許さない迫力をもって聞き手を引き込んだと思います。
僕はスピッツが大好きなのにアルバム「クリスピー」だけ愛せないのはどうしたことかと思っていましたが、スピッツ嫌いな江藤さんが「クリスピー」だけ好きと聴いて、納得がいきました。あー、すっきりした。
僕がドロドログチャグチャした卑猥な形の透明感を目指して絵を描いている、その必然性がはっきりしました。オカルト倶楽部は、テーマに沿って深まっても、脇道にそれても、必ず作品作りの新たな指標を示してくれます。次回もとても楽しみです。

オカルト倶楽部お疲れさまでした  宮井智仁

今回初参加だったのですが、とても楽しかったです。身体というものについての生物学/構造的解釈・武術的見方・精神的見方のみならず、物理学や神霊術など様々な方向から皆で考察を深めていけるような ヘヴィーで楽しいブロックパーティでした。


なんといいますか、情報のインプット量が膨大すぎて (不眠の疲れもあってか)上手くアウトプットできるのかなぁという不安と懸念、ウトウトしたり爆睡したせいで記憶のディティールがかなり失われてしまった悲しみと自分の腑甲斐なさに打ちひしがれております。

深夜からの終盤戦?では 僕の音楽的相談や江藤さんのエロス遍歴などをフムフムと聞く勝人さん・ムソーさん・美南さんのお三方。まるで患者二人に対するカウンセラーや医者三人というイメージと構図だったので、我ながら思い出し苦笑いが止まりません。


今回の収穫の一部は…
 眠らないと段々頭が回らなくなる、人間おかしくなっていく、自分は何故か ツッコミが鋭く冴え渡る、新部さんは王仁三郎大好き、骨盤と仙骨が大事ぽい、一点を見ながらも全体を全身で見て(感じ)反応していくこど、花田さんのある意味 立花隆を超えているのではないかという深い知的好奇心に衝撃、ムソーさんは最近 眼鏡を掛けるとアジカンのg/vo.後藤さんにソックリ、忘れ去られたであろう喘息同盟、和製ちょい古パンクは結構皆聴いていた、下松宅はにゃんこがいっぱい、文化的お宝もたくさん、雨漏りすごい、何故か携帯電話は圏外、etc...
これらのことが分かったということでしょうか。いや、実りある一日でした(笑)

どうもありがとうございました。  大耳  下松

オカルト倶楽部に来ていただいたみなさん、どうもありがとうございました。
今回は前半中盤でのテーマの掘り下げが弱く、もっと深く身体についての考察をするべきだったと反省しております。次回はもっと花田さんがしゃべりたくなるような展開に持って行きたいと思います。ライアル・ワトソンや西田幾多郎、空海あたりの話しがたくさん聞いてみたかった。

宮下君、いつも感想ありがとう。終わってこの二日間ぶっ倒れていましたが、君の感想を読んで元気が出ました。次回は君が花田さんを質問攻めしてくれ。

宮井君、初参加ありがとう。君は若いくせに読書量が半端じゃないので大いに希望があります。これからのオカルト倶楽部をリードして行くべき人材なので、遅刻せずにマジメに出席するようにね。

最後に新部くん、いつも企画と進行と美味しい料理をありがとう。
今回の反省をもとに次回はもっと面白くなるようお互い頑張りましょう。 どうもお疲れさまでした。

倶楽部お疲れ様でした  はなだ

新部君ご苦労様でした。今回は新部君の講義を中心に楽しませてもらいました。ありがとうございます。個人的には「プリオン」にいたく興味を惹かれました。「プリオン」に関しては今まで脇を素通りしていたようです。「プリオン」おもしろいですねぇ。単なる「たんぱく質」なのにあたかも生物のような振る舞いをするこの形態はなんだろう?帰宅後、この「プリオン」をキーワードに周辺を探ったら、ニューギニアの「クールー」という病から始まり族外食人の風習、中世ヨーロッパにおける強壮剤としての食人から島嶼カリブ族のアラワク族食人、さらにカリブ海からcannibalismまで一挙につながってしまいました(cannibalの語源はカリブ族(島嶼カリブ族)のこと)。

倶楽部お疲れ様でした  にいべ

はなださんはじめ皆さんいつも遅くまでありがとうございました。
ここ最近オカルト倶楽部の参加者は上昇傾向ですが、大人数の中で身体について話題を広げて行くのはなかなか難しいなぁと、勉強になりました。

僕は五感以前の感覚でとらえるフォルムをテーマに絵画や音楽へ話題が広がればと思いつつも、音楽はサッパリ詳しくないので徒労に終わってしまったのが残念でした。

はなださんは「プリオン」に感心をもったようですが、確かプリオンの話題をふったのは公三さんでしたね。前回の翁の回の顎の話といい公三さんの何食わぬ顔してはなださんの興味を引き出すタイミングの良さには小気味良さを感じます。

僕自身は裏オカルト倶楽部での江藤さんの話の中に出た「イノセンス」感覚に深く興味を覚えました。あぁそういう言い方をするのかと、こう何かものを考えるときの新しい尺度が得られたという新鮮な感覚が今も身体に残っています。

さすが・・・。 こそこぞ

倶楽部お疲れ様でした。今回は連日の睡眠不足がたたり前半戦でくたばってしまったのが悔まれます。
新部先生、毎度の事ながら本当にありがとうございました。「身体」についてはまだまだ幾回も重ねないといけないような気がします。そこから、またさらなる疑問が生まれてくるのかも。
そこに「プリオン」の謎があるのかもしれませんね。
エボラ出血熱とクールーの酷似は以前何かで聞きましたが、そのどちらも食人が関わっていると、BSEもまた同種食い。
しかし、一日でそんなに深く掘り下げるとははなださんさすがです。まだまだ奥がありそう。

2006_0702_095907aa

2006_0701_205605aa2006_0701_210558aa2006_0701_212658aa2006_0701_214008aa2006_0702_084336aa

フォトアルバム

最近のトラックバック