« 大耳ネットワークの夕べ2006年2月24日 | メイン | 大耳ネットワークの夕べ2006年3月24日 »

2006-03-13

大耳ネットワークの夕べ2006年3月10日

8310ayahiko_1

人生が大変  妖彦

昨日の夕べですがー....入った時にまず「族長」のヘビィな化け物ベースの音に襲われました。それに新鮮なトランペット。久しぶりに聴けたたけいさんのドラム、同じく久々に会えた藤本君ににいべ君。それがちょこさんがすわですわ君に「出来れば今日は静かに踊ろう」とか耳打ちしてたのがこぞこぞさんの爆裂パーカッションやみなみさんの挑発ヴォイスやムソーさんの両性具有ボイスに乗ってしまった感じで、松本君とウラさんはとんでもない乱痴気騒ぎを起こすしイヤハヤテンション高過ぎの夕べでしたね。大人しいと思ってた江藤さんも踊ってるし、すわですわ君の貴重なダンス(葛藤に苦しんだダンスと本人は言う)や新しい動きのカズさんの踊りも見れたし。
そしてペインティングの時間 ここでは2つの対決「らしき」ものが楽しめました。ムソーさんのドラマチックな頭脳表現とみなみさんの女性らしい繊細な描写そこにペインティングの「帝王」askaさんが場外乱闘で今まで使用されなかった色彩(濃い緑灰色?)を登場させてのアクションペイント そしてあ有彩色のシールは何を暗示するのでしょう?
BGMでは花田氏と小園氏の全く異なるタイプのギター対決。やはり夕べは濃い場所だ
そして世にも楽しい場所だ。我らが若女王 かおりさんの少し後れた登場がそれを物語っている やはり若い女性も来てくれるのも大きな魅力だ 今度から女性は我々男性陣が暖かく迎えよう

夕べにようこそ!  ジュリエット!!!!  違うか

みなさん、きのうは夕べに来てくれてありがとう。 大耳  下松

きのうの夕べも大入満員でした。来てくださったみなさん、どうもありがとう。
来れなかった人、あるいは仕事で間に合わなかった人、機会があればまたお会いしましょう。
きのうは何と言っても妖彦ちゃんの詩の朗読が素晴しかった!
それとウラジミールさんと山ちゃんのリーディングが面白かった! 山ちゃんの書いた脚本はとても良く出来ており、自分の劇作家としての未熟さを思い知らされました。無理言ってやってもらって、本当に良かった。
踊り組みでは松本K&ウラジミールのセットが危なく妖しく、見ごたえ充分だった。
音楽組みは「藍色りすと」組みが参加したことで音に厚みが出た。 それに女子部と演奏するのは楽しいな。
自主企画「落書きあそび」(ライブペインティング)の方は、僕の指示で照明を暗くしたばっかりにaskaさんが作業できなくなり、3人で描くことになってしまった。どうもすみませんでした。しかし結果的には、より深い関係の絵として出来上がったように思えました。
それから宮下君の絵の原版は、新境地の美しい傑作だった。もっときちんと紹介しなければいけなかったに気がつかなくてゴメンね。山崎ハコの曲をソロでやると言っていたのに機会がつくれず、まったく申しわけない。
かおりちゃん、藍色りすとの人達を紹介してくれてありがとう。 とっても良い刺激になってます。これから芝居に踊りに忙しいだろうけど、あまり無理せず体を壊さないようにね。
すわ君、こそこぞ君、江藤君、きみたちの静かな情熱が夕べをつき動かしています。これからもよろしくお願いします。

お買い上げありがとうございました。 宮下ムソー

昨夜は中古CDをお買い上げいただきありがとうございました。目の色変えて物色する大耳男子部が、貴重盤をことごとく選びとっていく様は、それは見事なものでした。多加美の「天使行」を選んだ勝人族長に唸りました。山ちゃんさんはナンバーガール関連ということで、デイヴ・フリッドマンが関わったもの(モグワイ、マーキュリーレヴ等)をごっそりお買い上げでしたが、なかでもデルガドス「グレートイースタン」は名作なのです。今度ゆっくりナンバーガール談義に花を咲かせましょう。シングルCDは売れないかなーと思ってましたが、かおりさんにラルクのシングル2枚も買っていただいて、持っていったかいがありました。しかしここだけの話、「鋼の錬金術師」に提供した2曲は、ラルクの曲でも最もつまらない部類の曲ではあります・・・。
みなさんの意外な趣味もかいま見れて楽しかったです。「ソフトバレエ、懐かしい!」というこぞのさんとか、ラヴサイケデリコとブライトアイズに興味を示す花田さんとか。私はラヴサイケデリコは2nd派なのです。ストロークスの「is this it」が好きなのか嫌いなのかよくわからない微妙な発言を繰り返す江藤さんとか。
数年後、また音楽の趣味が大幅に更新されて、さよならすべきCDがたくさん出来た時に、CD市第2回を開催したいと思います。

昨夜の夕べは、何と言っても妖彦さん!最高でした。松本さん、ウラジミールさんの絡みは、バックの藍色リストジャズ組と全く合ってなくて、強力でした。
山崎ハコは、どちらにせよ最初のヴォイスで叫びすぎて喉が死んでたので無理でした、また今度機会がありましたらよろしくお願いします。

                 8310matu4_18310matu_18310myu1_1_2006_0310_221007aa_1

Img_743842_29992418_0

Img_743842_29992494_0

_2006_0310_220827aa_1 _2006_0310_211101aa 8310myu_2006_0310_201250aa_2 _2006_0310_201808aa_2006_0310_202722aa _2006_0310_203520aa _2006_0310_215833aa _2006_0310_215644aa

8310myu2_1

コメント

毎回こまめにブログが更新されているようですね。
妖彦さんの詩は、これは映像ではなく是非生の妖彦ワールドにどっぷり浸かりながら観たかったですね。
それと前回の写真に引き続き、今回は小園さんのギターにもしびれましたよ。

書き込みありがとう。 妖彦ちゃんは本当に面白かった! 
やはり映像では伝えきれていないと思います。
小園君は最近調子イイんだよ。 ライブでその力を発揮してくれるとウレシイのだけど。
そろそろ公けに活躍して欲しいですね。

コメントを投稿

フォトアルバム

最近のトラックバック