« 大耳ネットワークの夕べ12月9日 | メイン | 大耳ネットワークの夕べ2006年1月13日 »

2005-12-28

大耳ネットワークの夕べ12月23日

今年最後の夕べは、古くて新しい不思議な世界だった。

コンテンポラリーダンスとは真逆の原始人ダンスの映像はこの下をクリック。

2005_12_23_yuube_tyokok.wmvをダウンロード

きのうは雨に中、たくさん来てくれてありがとう。下松

きのうは天気も悪いし、イベントも重なったりで、夕べの参加者はかなり少ないだろうと覚悟していましたが、後半ドッと増えて結構な人数になりました。 忙しい中、来てくれたみなさん、どうもありがとうございました。

きのうは全体的に「back to the forest」のイメージが漂っていたように感じられました。とても原初的な表現の初期衝動を思い出す事ができて、1年を締めくくるにふさわしい夕べになったのではないかと思います。
ソロでは夢子ちゃんの即興詩の完成度がかなり上がってきたなあと感心しました。
また、江藤君の即興詩での苦しみ具合が、作品を生み出す事の難しさを改めて確認させてくれました。
踊りは、ちょこ・松本Kの暴れぶりが強烈に目、耳に残り、またそれとは対照的な静かで美しいカズ・みなみのセットも印象的でした。
演奏組は、当日ライブをやってきたばかりで、その熱狂冷め遣らぬ花田・ハンキン・古庄竜太+小園君のセットが超テクニカルで痺れました。またそれと同時にライブペインティングをおこなった宮下・みなみ組の即興絵画も最近の夕べの中では、かなりの傑作な部類に入る作品となりました。

冬至のお祭り  宮下ムソー

峰尾かおりダンス公演のテーマは、生命力の復活を願う冬至のお祭りだったそうですが、10分遅刻で私が到着した頃は、まさに生命が地の底から湧き出て来るかのような迫力が会場を包んでおり、渡辺さんの16分音符の刻みは土の中空気の中の微細な生命の弾ける音を思わせ、古庄さんのフルートはまだ遠い春風の予感のよう、そして鬼気迫る花田さんの、ギターの形を借りてるけれど別にギターでなくても良い「音楽」が大音量で迫ってきました。かおりさんは、写真を見ればわかると思いますが内に込めたものを全身で放射しており、表情だけでも極まったものが伝わって来ました。5月の大耳ライヴの時より格段に大きくなった印象でした。流れるような腕の動き、そして振り上げる脚の妖艶さ力強さ。いつかの夕べで原詩人松本Kに振り回されて引きづり回され対抗してたときの躍動を、己のうちに取り込んで解き放っているようでした。変拍子の嵐が炸裂する終盤は本当に圧倒的でした。踊り終わって自信に溢れたかおりさんの美しいこと。

その後、大急ぎで夕べに行ったら、カズさんと美南さんが厳かに踊っており、勝人さんとちょこさんの夫婦バンドが「勝手に古代を甦らせて顰蹙を買う」系の凄まじい演奏をしており、衝撃を受けました。夫婦バンドというか、祭司長と巫女です、あれは。私がやりたい音楽は、こういうのだなあと思いました。二人でやってるとは思えない変幻自在の音。ちょこさんの、(スティックがないから)手で叩いてる原始のドラムに惚れました。太鼓を叩いてるちょこさんはいつも楽しそう。下松家の意地と誇りを見ました。「このくらいの事はいつでもやりなさいよ、君たち。」と言われたものと受け取り、その後の演奏に気合い入りまくりでした。

参加者が少ない時の夕べは、特に濃厚になることがあるけど、昨日は高ぶりが凄かったですね。松本Kとちょこさんの踊りなど特に。前半は「勝手に甦った古代」。峰尾かおり組が合流してからの演奏は一転、モダンなテクニカルジャズフュージョンでこれまた凄い。ライヴペインティングは、美南さんが「抽象画倶楽部」で描いている作品や、時折発表する血まみれポエムにフォースの暗黒面を関知しまして、ダリオ・アルジェント・モードで共演出来るのではないかと思い、蛍光がかったピンクやらレモンイエローやら、そして黒、青のポスターカラーを用意したんですが、闇のパワーの前に黒色が足りなくなって焦りました。でも、予想外の作品が仕上がって満足です。血管みたいなのを描こうと思ったら、もう先に描かれていて、手のうち読まれとるなー、と思いました。

写真提供askaさん+夕べ撮影班

_2005_1223_220758aa_2 9_14_211 17 6_4

_2005_1223_211209aa _2005_1223_212254aa _2005_1223_215709aa _2005_1223_214408aa

コメント

映像観ました。
これはすごい!
闘っている。
この場に立ち会って生で観たかった!

この日の踊りは今年一番のバカ踊りでした。
僕も演奏しながら次がどうなるのかワクワクしました。
是非、生で観せたかった!

コメントを投稿

フォトアルバム

最近のトラックバック