« 路上宣伝隊 | メイン | 第2リハーサル »

2005-10-07

路上宣伝隊 第2弾

小耳奮戦記  宮下ムソー  路上宣伝隊の映像2005_1002_rozyou.wmvをダウンロード

第13回「リハーサル」 

2264158_130

2264158_95

主役級がバタバタと風邪で倒れる中行われた第1リハーサル。
脚本を読んだ時点で、誰もが「この展開は・・・。」と一瞬怯んだはずですが、実際に舞台化してみるとやっぱり幻惑される。夢の中を彷徨っているような不思議な浮遊感がある・・・と思っていたら巨大な感情の波に息が苦しくなったり、噴出する狂気に恐怖を覚えたり、いきなり突き放されたり、ほのぼのしたエロに脱力したり・・・。これは、「どういうお芝居?」と訊かれても上手く説明できません。

2264130_78

2264158_44

ただ、「あなたはねむくなれ」というタイトルから想像してください、とだけしか・・・。できれば客として見たいんですが、出演することになった以上、それは叶わぬ願い。

不思議なお芝居、ほの暗いお芝居、色っぽいお芝居、狂ったお芝居、真剣なお芝居、痛みを湛えたお芝居、げらげら笑えるお芝居が好きな方は、ぜひとも御来場ください。

小耳の横顔12
渡辺ハンキン浩二2264130_254
初舞台の人間をいきなり主役に抜擢するようなデタラメ(下松マジックとも言う)がまかり通る小耳プロジェクトがただのデタラメで終わらないのは、この名優がしっかりと脇を支えているからである。
粘り強く安定した下半身と、焼けた鉄板の上で跳ねる油のようなスティックさばき、そして繊細なシンバルワーク。それらドラマーとしての素質が、演技に姿を変えて舞台の上に現れる。
シリアスな役からユーモラスな役まで、演技の幅は広いが、今回はこれまでにない弾
けっぷりをお見せすることになるでしょう。練習を目撃した私の娘(4歳)も大喜び。ハンキンファンよ、「あなたはねむくなれ」を見逃すことなかれ!!

小耳奮戦記  宮下ムソー

2285529_97_1

第14回「まぼろしの路上宣伝隊」
2回目の路上宣伝隊は思わぬ事態の連続でしたが、それでこその発見があり、結局、前回の2倍近くのチラシがはけてしまい、予想以上の大成功なのでした。
正午、集合場所の警固公園に集まった宣伝隊メンバーを待っていたのは、公園を埋め尽くすよさこい祭りの踊り手たちと、ぱらぱら降り出した雨。急遽、集合場所を青年センターに変更し、雨が止むのを待ちます。出鼻を挫かれたかに見えましたが、実はこれがこの日の幸運の始まりだったのかもしれません。着替えに時間が取れるとわかった途端、衣装メイクにとことん拘り出す路上宣伝隊ガールズ、一部ボーイズ。嬉々として撮影する写真班。もはや、何の集まりかよく分かりません。
小降りになったことを確認し、早速路上に踊りだす一同。いつもの警固公園には入れないので、新鮮な気持ちで渡辺通りを練り歩きます。
「ああねむい。真昼間から、僕はどうしてこんなにもねむいのだろうか。それは!小耳プロジェクト第4回公演あなたはねむくなれのせいなのです。」
拡声器で意味不明な言葉を呟きつづける花嫁を中心に、気の触れたミュージカル出演者が、妖艶な看護婦が、浴衣娘が、目の覚めるような赤と青の妖精が、露骨に妖しい雹柄の男が、まあとにかくいろんな危ない人たちが、真っ赤なチラシを持ってひらひら踊りながら近付いてきます。
「この人たちは普通です、全く普通です。普通の人々と何ら変わらないのです。赤信号でお待ちの皆さん!我々の幸運の赤いチラシが、ひらひらと、いま皆さんのお手元に舞い降りようとしています!」
その様子はまさに「メル変」。去年の路上宣伝隊がどちらかというと「アン暗」だったのと比べると、随分変わったものです。小耳プロジェクト女子校化(一部偽女子を含む)、ここに極まれリ。
「ねむくなれ・蒼ざめよ・ねむくなれ。試験に出るねむくなれ3段活用。睡眠学習・睡眠療法・スイミングプール。それは!小耳プロジェクト第4回公演あなたはねむくなれのせいなのです。」
ますます意味不明の波に乗りショッピング街を突き進むメル変ズ。赤い服のミュージカル姉妹は、呪われた赤い靴でも履いているかのように、手を繋いで踊り狂っています。
「ああ、ねむい。コーヒー飲んでもまだねむい。ねむいのかねむくないのか、それが問題だ。先生!僕は頭がおかしいのでしょうか?いいえ、あなたは全く普通です。ねむくなれ~」
コーヒーショップでくつろぐ人々の目の前を、ゆっくりと通り過ぎます・・・。

こうして、小雨降る中、最後の路上宣伝隊の巡礼はまぼろしのように終わったのでした。2286158_232_1

2286158_124

2286158_172285529_110

小耳の横顔13
庵原陽子
彼女は一見おとなしく引っ込み思案に見えるが、実は内に秘めたる表現衝動を抱えている。
原詩人・松本Kの万葉的に大らかな(つまり乱暴な)ダンスに身を任せる度胸があるのは、峰尾かおりと庵原陽子だけなのである。姉妹のように手を繋いで踊り狂う松本Kと庵原陽子。台風のなかの操り人形のようなその振動と衝動を、君は見たか。
万葉的に覚醒した庵原陽子の雄姿にご期待ください。

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム

最近のトラックバック