« 2005年9月 | メイン | 2005年11月 »

2005-10-24

本番終わり

観に来てくださったお客様、どうもありがとうございました。

いっしょに頑張ってくれた小耳のみなさん、お疲れさまでした。

本番の映像はダウンロードして見てください。⇒anatahanemukunare2.wmvをダウンロード 2565898_90_3

2565898_241_1 2565898_18_2

小耳プロジェクトは今年はこれで解散です。次回はまた新しい企画、新しいメンバーでお会いしましょう。

「あなたはねむくなれ」の最もお気に入りの劇評を載せます。

試験に出ないねむくなれ3段活用  宮下ムソー

私は自分がファンである人の芝居やライヴにしか出ないので、毎度毎度、「うおおお、なんで客として観れないんだああ」と地団太踏むのだが、今回の「あなたはねむくなれ」はその葛藤の頂点で、ぎりぎりまで出演を渋った原因のひとつもそれです。
前回の「ひとさらい」はスタッフということで、本番は客に混じって観れるはずだったのに、超満員で入りきれないという信じがたい不幸に見舞われました。
その教訓をいかし、今回は3回公演に増やして、自分の座席を確保したはずだったのに・・・。
というわけで、峰尾かおり一人芝居「エレベーターの鍵」に引き続き、自分が一観客だったら書いたであろう擬似感想文です。



お芝居を志す人は、ほとんどが人間ドラマをやりたくて始めるはず。人間の生々しい感情の揺れ動きを表現したいはず。観客もその感情の動き見つめたくて集まってくるはず。
殺人教団死ぬ死ぬ団の教祖 仁子が終盤で見せる独白芝居は、演劇の醍醐味そのものだった。
しかし、下松勝人の問題意識は、その先にあるように思う。感情の奥にあるものを見極めようとしていると感じた。
感情というものには因果の流れがあり、起承転結があるからこそ感動する。傷ついた原因があり、苦悩の過程があり、昇華される結末があるからカタルシスがある。客は疑似体験ができる。
と、まあそういうことになっているが、原因というのはなんでもそうだけど、原因の原因の原因を考えていくと、ぽっかり空いた虚無に行き着く。
父親からの性的虐待、夫からの暴力という仁子の不幸の原因を考えても、究極には虚しく、宗教的に「前世の因果」とか言わない限りは「偶然そうなった」としかいいようがない。
父親の性欲を責めると、最後には生物界への呪いに行き着く。しかし、生物界の恵みも受けているわけで、世界を呪うことも祝うこともできなくて、待っているのは虚無だ。
虚無から突然原因が噴出したとしか表現できない。宇宙がどのようにして出現したかを問うているのと同じだ。

2466136_1782565436_237_1

「あなたはねむくなれ」は、第1に仁子の感情の物語であり、
そこでの「ねむりたい」は心の叫びであり、観客が共有できるものだ。

しかしその奥にある原因の世界は、スクールキラーA(バイオ モドキ神)という、因果から解き放たれた、虚無から突如出現した「神」の世界で、そこには人間の納得できる法則は働いておらず、観客は理解も共感もできず、そこでの「ねむくなれ」は「思考を停止せよ」という命令だ。

狂乱する人間・仁子の隣に佇む異形の神。
狂おしいまでの感情の激流と、その先にある無感情な神の世界との一瞬の出会いが、「あなたはねむくなれ」だ。

そんなものを500円で、ボロイ教室でひょいと提示されて、受け入れることのできる客はそうはいない。ただ、「あなたはねむくなれ」という神の命令だけは強烈に働いて、みんな思考停止している。これが仁子だけのお芝居であったら、感動の嵐でみんなワンワン泣いてたかもしれない。でも、その仁子の激情の傍らには、理解不能な宇宙法則がずっと佇んでいるのだ。

その上で、「今、神の世界に触れた」ということも忘れるように、再び人間の病院のシーンに戻る仕掛けがなされている。

みんな、「ああ、患者の話ね」「構成が凝ってたね」というレベルで納得している。

勘のいい人は、「しかしあれは安全装置だ、その直前の仁子が本質だ」と思っている。

さらに勘のいい人は、「その横に佇んでいた神が本質だ」と気づいて愕然としている。そういう人は、うかつに感想を書かない。

つまりまとめると、理性の世界、感情の世界、言葉なき意味なき虚無の世界、3つの世界が重なり合っている。
舞台は、三つの世界の間を移ろう。

哀れな仁子は、しかし殺人者でり、そこには「集団自殺といったって、それは殺人だろ」という、作者の怒りがこめられている。
その仁子に安らかな死を与えるのは、観客置いてけぼりで突然目覚める荒ぶる神。
スクールキラーAが仁子の元を訪れたのは偶然か理由あってのことか。Aは、その理由を「お前が呼んだ」と説明する。お前が呼んだ、とはどういうことか。殺人者は神に裁かれるということか。しかし、Aは罪深き者のみに死を与えるわけではない。神戸では罪なき子供を生贄に要求した荒ぶる神なのだから。
理由なき虚空から出現した神に、人間の考える因果は通用するのか。仁子は、ただ偶然にAに遭遇したに過ぎないのかもしれない。

しかし、仁子を刺したスクールキラーAは、仁子と寄り添うように崩れ落ちる。
無慈悲に立ち尽くし、笑みを浮かべるのではなく、添い遂げるように崩れ落ちる。
それは、このお芝居で最も美しい場面。

そこに、作者のぎりぎりの祈りのようなものを感じた。
不条理な世界のなかで、一瞬の慈悲を見出したいという、祈りのようなものを感じた。

24817426_240_1

2005-10-20

そして本番

いよいよ本番の日がやってきた。

2477754_1542478990_173 1129652890 

小耳奮戦記 宮下ムソー

最終回「神秘」

神秘的3ヶ月間が終わった。あまりにも出来過ぎな3ヶ月だった。
メンバーが揃ったとき、まだ脚本は完成していなかった。
当初の構想では、メインテーマ「集団自殺」、タイトルは「プラスティックピープル~黒のマリア~」だった。
しかし、脚本書きは難航した。下松勝人の苦闘が始まった。大耳男子校長に黒のマリアが憑依するのには時間がかかった。
突然、スクールキラーAがやってきた。実はこの脚本は「ポゼッション~神の戸惑い~」の続編であることが判明した。
そして、「実はもうひとつタイトルの候補がある」と告げられた。
「あなたはねむくなれ」という呪文を告げられたときの感電したような感覚を今でもはっきり覚えている。

脚本は、次第に「黒のマリア」から離れ、「スクールキラーA」に擦り寄っていくように思われた。
その頃、私は兄の暴力に反撃して殴り殺した弟の事件に興味を持ちつつ、ニーチェを読んでいた。
一方、NICOの「デザートショア」を聞きながら、必ず最後には「黒のマリア」がやってくるはずだと、イメージを膨らませていた。
行き詰っていた脚本が、急に仁子を中心に動き始めた。すると、女性の参加者が不気味なほど一度に集った。
小耳はまったく別の集団になった。ちょっと前までドリアン兄弟の集まりだったのだが。
そして、脚本家の中についに黒のマリアが現れた。生々しく紙に書き付けられた鉛筆のあと。叫び。それまで書き溜められた多重世界のすべてが、台詞ひとつで一瞬で跳ね返されていた。
興奮すると同時に、この芝居はちゃんと完成するのか、不安になった。
あの長台詞を、男子校状態の小耳の中で体得できたか?
女性スタッフに囲まれたからこそ、女優が身を投げ出せたのではないかと思っている。 一緒に泣いてくれる人がいたからこそ、深淵に踏み出せたのだと思っている。
いつ自殺するかわからないくらい傷つきやすい人の目の前で「わたし死にたいんです」という脚本を扱う。
参加者の真摯さが問われる瞬間が多々あった。
皆で食卓の上の死体を頂いた。演出家は祭祀長であった。

演出家に死が忍び寄っていた。

お別れだと思って出演した。
何人かでひっそり泣いた。
大宰府に、死にかけの演出家とその妻がやってきて、楽器を奏で、舞った。
ビデオが撮れてなかった。演出家の妻は、「最後の共演と思って踊ったのにな」とつぶやいた。
その後、川で倒れて記憶を失った。「私なんでここにいるの?」
あれは何だった?あれは何だったんだろう?
その日の舞は、1枚の写真に納まった。
自分が、端にでも写っている写真の中で、最も美しい写真です。

作中で復活の儀式を執り行っているうちに、演出家は復活した。
常識外の検査結果に医者も首をかしげた。
言葉にならない不思議な日々。

映像は本番前日まで届かなかった。
しかし投影してみるといい出来だった。
深夜に交通事故に遭ったけどまったくの無傷だった。
参加したすべての人間に、ここに来る必然性があった。
終演後、変化した自分に皆気づいているだろう。
神秘的3ヶ月間が終わった。

名島の墓地裏の家に巫女と祭祀長が住んでいる。

2478990_32477754_92466136_203_2

2510096_158_1

2005-10-17

本番まえ

第17回「峰尾かおりかく語りき」
今回のお芝居、下松さんのお芝居観たことない、若い劇団の人たちに、是非観て欲しい。ほんとは無理してもみにきて欲しい。
好き嫌いは絶対にあると思うけど、もしかしたら怒っちゃう人もいるかもしれないけど、ある信念が、なまなましいカタチでみえてくるはずだから…。
自分がでているし、逆にぜったいみにきてねっていいにくいところがあるんだけど、
ほんとは、声を大にして、「絶対見に来て~」って、言いたいのです。
70分のお芝居だから、そんなに時間もとらせないよ~。



小耳の横顔14  2466136_121
峰尾かおり
峰尾かおりウォッチャー宮下ムソー、かく語る。
2005年2月、ひとり芝居「エレベーターの鍵」を機に女優・峰尾かおりは変貌。
それはすぐさま踊りに顕れ、興福寺の阿修羅王像が阿呆に接近したような不思議世界に突入。
演出・主演作「班女」(作・三島由紀夫)、作・演出・主演の一人芝居「声~千恵子抄より」と、緊張感あふれる作品を次々に繰り出すが、目撃者は極めて少なし。
峰尾かおりの代表作となること間違いなしの「あなたはねむくなれ」を、見逃すことなかれ。

小耳奮戦記 宮下ムソー

第16回「祭壇を築く」
青年センター4階で、黙々と作業する男・カズ。
「この季節になると、廃材探して目が移るねえ。」
宣伝美術に奪われた予算を、技と経験で取り返すのだ。
役者たちがやってきて、ペンキ塗りを、縫い物を手伝う。
隣の教室は劇団ギガの稽古。瀕死の女優が断末魔の叫び声を、
もう3日間上げ続けている。
気がつけば本番3日前。

小耳の横顔15 Nemukunare16_3

森一賀
脚部骨折から復活した、踊る画家カズ。「冒険活劇ひとさらい」にてドリアン兄弟&姉妹として役者デビューを果たし、今回は舞台美術に専念。
さりげなく不気味なグッズを続々作り出し、皆を蒼ざめさせている。



小耳プロジェクトからのお知らせです。
「あなたはねむくなれ」を確実にご覧いただくために、早めの予約をお勧めします。
ワンコイン500円だから当日飛込みで大丈夫だろー、と思っていると、満員で入場できない可能性があります!
今のところ、一番余裕があるのは15日(土)15:00の回、一番際どいのが、15日19:00の回です。
予約は、この掲示板に書き込んでもいいし、
メール ohmimi@elf.coara.or.jpでもいいし、
電話092-673-4156でもいいので、
お気軽にどうぞ。

2005-10-11

第2リハーサル

やっと、ここに来て芝居らしくなってきた。

2377149_111

2356243_198_1 2356243_178

以下は練習模様について宮下ムソー氏が書いた文章を載せました。

小耳奮戦記  宮下ムソー

第15回「沈み込むもの依り来るもの」
舞台の上に渦巻く感情の激流に飲み込まれないように、役者もスタッフも冷静さを保たなければいけないのですが、しかしこの日が来るのは脚本を読んだときからなんとなくわかっていて、むしろ早く乗り越えるべきだったのか、いや来るべきときに来たのだと思うのでした。
皆さん、「号泣」という言葉は好きですか。私は嫌いです。新聞のテレビ欄が毎日号泣号泣うるさいから嫌いです。涙ぐむことを号泣と表現する連中はうそつきで日本語破壊者です。
だから号泣なんて書きたくないが、号泣というのは周りの人間を巻き込むのです。否応なしに巻き込むのです。名島のカットハウスは雨が降ったかのようでした。
ひとつの叫びのために芝居が作られることがあるのでした。


小耳の横顔14

Nemukunare17_5

aska
aska、あるいは大豆のススメ、あるいはおじゃうどん。本名、井原拘二。壁画家として福岡の街を彩りながら、さまざまな表現の現場に立会い、表現者の放つ熱を見つめつづける。刹那の美として消えてゆく定めだった「大耳ネットワークの夕べ」の舞踏表現を、写真に封じ込める。大耳ライヴペインティングムーヴメントの仕掛け人。奇跡の一夜「山上の夕べ」発起人。2004年以降の大耳関連商品のアートワークは、ほとんど全てaskaさんの写真をもとに作られている。
大耳の若造どもよ、井原拘二が自由人である。

2005-10-07

路上宣伝隊 第2弾

小耳奮戦記  宮下ムソー  路上宣伝隊の映像2005_1002_rozyou.wmvをダウンロード

第13回「リハーサル」 

2264158_130

2264158_95

主役級がバタバタと風邪で倒れる中行われた第1リハーサル。
脚本を読んだ時点で、誰もが「この展開は・・・。」と一瞬怯んだはずですが、実際に舞台化してみるとやっぱり幻惑される。夢の中を彷徨っているような不思議な浮遊感がある・・・と思っていたら巨大な感情の波に息が苦しくなったり、噴出する狂気に恐怖を覚えたり、いきなり突き放されたり、ほのぼのしたエロに脱力したり・・・。これは、「どういうお芝居?」と訊かれても上手く説明できません。

2264130_78

2264158_44

ただ、「あなたはねむくなれ」というタイトルから想像してください、とだけしか・・・。できれば客として見たいんですが、出演することになった以上、それは叶わぬ願い。

不思議なお芝居、ほの暗いお芝居、色っぽいお芝居、狂ったお芝居、真剣なお芝居、痛みを湛えたお芝居、げらげら笑えるお芝居が好きな方は、ぜひとも御来場ください。

小耳の横顔12
渡辺ハンキン浩二2264130_254
初舞台の人間をいきなり主役に抜擢するようなデタラメ(下松マジックとも言う)がまかり通る小耳プロジェクトがただのデタラメで終わらないのは、この名優がしっかりと脇を支えているからである。
粘り強く安定した下半身と、焼けた鉄板の上で跳ねる油のようなスティックさばき、そして繊細なシンバルワーク。それらドラマーとしての素質が、演技に姿を変えて舞台の上に現れる。
シリアスな役からユーモラスな役まで、演技の幅は広いが、今回はこれまでにない弾
けっぷりをお見せすることになるでしょう。練習を目撃した私の娘(4歳)も大喜び。ハンキンファンよ、「あなたはねむくなれ」を見逃すことなかれ!!

小耳奮戦記  宮下ムソー

2285529_97_1

第14回「まぼろしの路上宣伝隊」
2回目の路上宣伝隊は思わぬ事態の連続でしたが、それでこその発見があり、結局、前回の2倍近くのチラシがはけてしまい、予想以上の大成功なのでした。
正午、集合場所の警固公園に集まった宣伝隊メンバーを待っていたのは、公園を埋め尽くすよさこい祭りの踊り手たちと、ぱらぱら降り出した雨。急遽、集合場所を青年センターに変更し、雨が止むのを待ちます。出鼻を挫かれたかに見えましたが、実はこれがこの日の幸運の始まりだったのかもしれません。着替えに時間が取れるとわかった途端、衣装メイクにとことん拘り出す路上宣伝隊ガールズ、一部ボーイズ。嬉々として撮影する写真班。もはや、何の集まりかよく分かりません。
小降りになったことを確認し、早速路上に踊りだす一同。いつもの警固公園には入れないので、新鮮な気持ちで渡辺通りを練り歩きます。
「ああねむい。真昼間から、僕はどうしてこんなにもねむいのだろうか。それは!小耳プロジェクト第4回公演あなたはねむくなれのせいなのです。」
拡声器で意味不明な言葉を呟きつづける花嫁を中心に、気の触れたミュージカル出演者が、妖艶な看護婦が、浴衣娘が、目の覚めるような赤と青の妖精が、露骨に妖しい雹柄の男が、まあとにかくいろんな危ない人たちが、真っ赤なチラシを持ってひらひら踊りながら近付いてきます。
「この人たちは普通です、全く普通です。普通の人々と何ら変わらないのです。赤信号でお待ちの皆さん!我々の幸運の赤いチラシが、ひらひらと、いま皆さんのお手元に舞い降りようとしています!」
その様子はまさに「メル変」。去年の路上宣伝隊がどちらかというと「アン暗」だったのと比べると、随分変わったものです。小耳プロジェクト女子校化(一部偽女子を含む)、ここに極まれリ。
「ねむくなれ・蒼ざめよ・ねむくなれ。試験に出るねむくなれ3段活用。睡眠学習・睡眠療法・スイミングプール。それは!小耳プロジェクト第4回公演あなたはねむくなれのせいなのです。」
ますます意味不明の波に乗りショッピング街を突き進むメル変ズ。赤い服のミュージカル姉妹は、呪われた赤い靴でも履いているかのように、手を繋いで踊り狂っています。
「ああ、ねむい。コーヒー飲んでもまだねむい。ねむいのかねむくないのか、それが問題だ。先生!僕は頭がおかしいのでしょうか?いいえ、あなたは全く普通です。ねむくなれ~」
コーヒーショップでくつろぐ人々の目の前を、ゆっくりと通り過ぎます・・・。

こうして、小雨降る中、最後の路上宣伝隊の巡礼はまぼろしのように終わったのでした。2286158_232_1

2286158_124

2286158_172285529_110

小耳の横顔13
庵原陽子
彼女は一見おとなしく引っ込み思案に見えるが、実は内に秘めたる表現衝動を抱えている。
原詩人・松本Kの万葉的に大らかな(つまり乱暴な)ダンスに身を任せる度胸があるのは、峰尾かおりと庵原陽子だけなのである。姉妹のように手を繋いで踊り狂う松本Kと庵原陽子。台風のなかの操り人形のようなその振動と衝動を、君は見たか。
万葉的に覚醒した庵原陽子の雄姿にご期待ください。

フォトアルバム

最近のトラックバック