« 大耳文化祭第2弾 大宰府スタードームフェスティバル | メイン | 路上宣伝隊 第2弾 »

2005-09-29

路上宣伝隊

小耳奮戦記 宮下ムソー 9月25日の映像はここをクリック⇒2005_0925_rozyou.wmvをダウンロード

第11回「路上宣伝隊打ち合わせ」
前回公演「冒険活劇ひとさらい」時に手探りで結成された路上宣伝隊。今回は、隊長・高祖公三を中心に、事前打ち合わせを行うに至りました。公三+諏訪のジャンベ組、古庄竜太のフルート、笠井拓のピアニカがによる音楽に導かれて、黒衣の使者たちがチラシを配って白昼の天神を練り歩きます。
チラシを配るという作業が、何故かお祭りになってしまう路上宣伝隊。宣伝行為そのものがすでに表現活動である路上宣伝隊。「どうせやるなら楽しまなきゃ損」という小耳精神がわかりやすく表れているのが路上宣伝隊かもしれません。さあ、今回はどんなハプニングが起きるのか。松本Kはどんな格好で現れるのか。乞うご期待。
見物・飛び入り参加者大歓迎です。参加希望の方は、できれば事前にご連絡いただき、衣装を用意していただけると助かります。
9月25日、10月2日の12:30に警固公園を出発、大名及び北天神あたりを14:00くらいまで徘徊予定です。「ここを周るとおもしろいのでは」というアドバイスもお待ちしてます。

小耳の横顔8、9、10 路上宣伝隊の中核メンバーを紹介します。

宣伝隊リーダー 高祖公三

Nemukunare10_2

古庄竜太
ベース、フルート、クラシックギターを操る凝り性な男。バンドでの生演奏を目指し、自作曲のMIDIデータをこつこつ作成、ホームページで公開しメンバーを募集しているが、余りにも複雑怪奇なリズムのため、メンバーがなかなか集まらない。好きなYESのアルバムは「リレイヤー」。

2197253_58_3 

どらむすこ諏訪
ジャーマンメタルの徒。ハロウィンTシャツで「夕べ」に現れる彼は、何時の日か「夕べ」にツーバスを持ち込むつもりである。その日、パピオはへヴィメタルの殿堂と化す。また、小耳プロジェクト広報班の最終兵器でもある。
2197253_14_1
笠井拓
福岡演劇シーンの有名制作担当者・・・のはずが、表現者として目覚めてしまい、頑として制作の仕事を拒否。キーボードを3つも4つも持ち込んで弾きまくるクレイジーな奴。演奏してるときの目つきが危ないともっぱらの評判。

 

小耳奮戦記 宮下ムソー

第12回「路上宣伝隊参上」 9月25日(日)正午。福岡市中央区天神、警固公園に響くフルートの調べ。その穏やかな音楽が、のんびりと午後の一時を過ごす人々に、自然に受け入れられている。しかし一方、その音に導かれて、異形の者がひとり、またひとりと、公園のあちこちから笛吹き男古庄竜太のもとへにじり寄って行くのであった。その者どもは、おもむろに衣装を取り出し、あるいは額に紋様を描き入れ、楽器を取り出し、着々と準備を始めるのであった。
噴水前にずらりと並んだ変な人たち。2197278_81
日傘を差してくるくる回る年齢不詳のお嬢さん。
あまりにマッスルな身体をロリ~タな衣装で覆う偽栗山千明な男。
巨漢のジャンベ男。
髭のジャンベ男。
ショコラカラーなお手伝いさん。
トンガリ帽子の笛吹き。
ディジリドゥを吹くバンカラ学生。
ふらふら踊る笑顔のステキな白衣の王子様。
ビデオ撮影するサンドイッチマン。
目つきの危ないピアニカ吹き。
メル変な音楽に合わせて、黒衣の男が拡声器でしゃべりつづける。「この人たちは普通です。全く普通です。普通の人たちと何ら変わらないのです。」
ひとしきりチラシを配布した路上宣伝隊は、公園を離れ、白昼の天神を練り歩き始めた。2197588_21
「あなたはねむくなれ~あなたはねむくなれ~。蒼ざめよ。そしてねむくなれ~。青信号を待ちつづける皆さん、この幸運の青チラシを受け取ってはいかがかな。ねむくなれ~。」
街を歩く人々は、不審に思いつつも、メル変な音楽に妙に安心してしまい、また偽栗山千明の異様な雰囲気にぽかんとして、チラシを受け取ってしまうのであった。

今回の反省その1 チラシがこんなに早く捌けてしまうとは予想外。次回は2倍用意することにします。
その2 白黒の衣装で厳かに行進する予定だったけど、変更!次回はより色鮮やかに狂い咲きましょう。

小耳の横顔11
待針夢子
大地に近い人間は、地上すれすれのところを流れる季節の風に敏感なの。今、夏が終わった。
待針夢子はそう言った。僕も大地に顔を近付けてみた。ああ、背が高いばっかりに彼女より気付くのが遅くなったんだ。夏の終わりに僕も出会いたかった。
そしてわかった。彼女の言う大地への近さは、背の高さだけではなかった。
彼女は、この星に両足をしっかり根ざした生き物だった。アスファルトの殻の下で脈打つ大地の声を聴いていた。そんな女が、都会で詩を詠んでいた。

Nemukunare14_3

コメント

高祖公三は毒蝮三太夫だと思うぞ!
おばちゃんにモテモテ★まちがいなしっ!!

確かに仰るとおりです、武田先生!
私はおばちゃんではありませんが、ジャンベのニセドリアン兄弟が大好きです。

コメントを投稿

フォトアルバム

最近のトラックバック