« 山上の夕べ | メイン | 小耳プロジェクト練習始まる »

2005-08-08

小耳プロジェクト顔合わせ

1123434145_komimi_kaoawase_1 1123434101komimi_kaoawase_2 1123434023komimi_kaoawase_4

いよいよ小耳プロジェクトが始まった。

とりあえず、脚本読みをやった。

かなり面白かった。

いい人材が集まったものだ。 頼もしい。

小耳奮戦記 宮下ムソー 月2回、誰でも参加できるワークショップ「大耳ネットワークの夕べ」を通して出会った有志たちによる企画・制作・実演集団。それが小耳プロジェクトである。演劇を中心に、演奏会、展覧会、路上パフォーマンス等、情熱の赴くまま、不定期突発的に集合、離散を繰り返す。「冒険活劇ひとさらい~アジアの柔肌篇~」から8ヶ月。下松勝人新作「あなたはねむくなれ」上演のために、再び小耳が結成された!
小耳奮戦記は、彼らの燃える日々を実況中継して行く!

第1回「ほぼ全員集合!」
去る7日夜、第4期小耳プロジェクトの初顔合わせが行われ、メンバーは続々と名島下松邸(通称カットハウス)に集結した。今回の小耳は今までのような秘密結社の極秘会議状態ではない。その数なんと17人!(ちなみに、「くるえるシスター」開始時は6人・・・。)年齢、性別ともに様々な人々が集った。すでにお祭り状態である。

「あなたはねむくなれ」

これが、今回の作品のタイトルである。印象深くも、なんとも捕らえ所の無いタイトル。そして実際の脚本も、現代音楽かプログレが阿呆になったような構成で、実に捕らえ所が無い。
一同は、早速読み合わせを開始した。全てはここからである。

脚本は、実際に声を出して読んでみないとわからない。そのことはわかっていたはずだが、実際に声が呼び覚ます異界には、毎度のことながら刮目させられる。これは、神経にクル!小耳史上最もデンジャラス!物議を醸すか?いや、観客の怒りや恐怖が、瞬きのうちにかくれんぼしてしまい、あとには
「 あ な た は ね む く な れ 」
という呪文の響きだけが残るような、そういう芝居になるのではないか。

一体どういう芝居なんだと怪しんでいるあなた。この小耳奮戦記を追っかけながら10月の公演を待ってもいいのですが、小耳プロジェクトに身を投じてみるという手もありますよ。小耳プロジェクトでは、役者、制作、美術、雑用、楽器演奏者、なんでも募集中です。次回の練習は9日夜7時開始。出航間近。今なら間に合う!

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム

最近のトラックバック