« 小耳プロジェクト | メイン | 大耳文化祭第1弾Ⅱ »

2005-08-21

大耳文化祭第1弾

32972505_28 32973149_152 「原人vs麗人」写真展「むすばれ」

大耳ネットワークの影の推進力askaさんの写真展と大耳若者組の企画「原人vs麗人」を観に行った。

「むすばれ」の方はアジパラでの落ち着いた雰囲気で、大耳の夕べや小耳芝居の写真が美しいバランスで壁に展示してあった。

一方、原人の方は自主規制のカケラもない大暴れのライブパフォーマンスだった。

そこにはスタイルや完成度にとらわれない表現の原点があった。

どちらもそれぞれの魅力があり、これからの大耳の未来がスゴク楽しみに思えてきた。

写真、上の2枚は「むすばれ」下の写真群は「原人vs麗人」

以下、aska氏の文

明日18日から、私とトミナガマイさんの
写真展「むすばれ」が始まります。

さり気ない日常の風景を描写するトミナガマイと
ダンサーやミュージシャン、イベント等の写真を
撮り続けているaska、対照的ですが、その対象
が面白いかもです、ぜひ観に来て下さい。

場所/アートエリアasi-para
(福岡市中央区今泉2-4-39拓栄ビル2F)
日時/8月18日~31日まで
時間/12:00~20:00

以下、「原人vs麗人」の宮下ムソー氏の文章

ご来場の皆さん、ありがとうございました。
身内が2、3人来るだろうとしか思っていませんでしたが、予想外のお客さんの多さで、一同張り切って演奏し、若干1名張り切って脱ぎました。genjin_2_thumb
askaさんのサイトでかっこいい写真が見れます。いつもありがとうございます。
これは15:00からのセットですね。松本Kが最初女子高生に扮しておりますね。
この後の16:00からのセットでは、烏山さんまでもが飛んじゃって、松本Kは頭から塗料を被り、原人というよりショッカーの怪人みたいに成り果てました。その格好で大名小学校の敷地に入ろうとしてはなりません!genjin2_2_thumb

今回、絵の展示を装いつつ、松本Kの世界と山上の夕べの世界を公開したいと思い、烏山さんの誘いに乗ってあれこれ計画しました。いつもなら大耳の達人たちに音楽をお願いするところですが、山上の夕べでの笠井さん、古庄さん、公三さんの演奏を聴いてたら、若手だけでも何とかなるのではないかと思い、思い切ってこのメンバーにしてみました。私としては、自分が心地良いと感じる音楽ができたし、ちょこさんの踊りは素敵だし、納得がいくと同時に、このメンバーでもっと先に行けるなという手応えがあります。皆の衆、奇数拍子ばっかりでゴメンナサイ。

genjin7_2_thumb

飛び入り参加のちょこさん、病み上がりで飛び入り照明の勝人さん、ありがとうございました。美咲さん、きれいな花束をありがとうございました。とうどうせいらさん他、初めてお会いしたみなさん、今後もよろしくお願いします。DJ恭兵さん、また踊りに行きます。垣内さん、今度ゆっくり話しましょう。・・・とにかく書き尽くせませんが、松本Kから逃げずに見守ってくれたみなさん、ありがとうございました。

32972505_126

1124584530

追記・・・私の絵ですが、女性陣はみな同じ作品を気に入ることが判明。理由はよくわかりませんが驚きました。

32972773_66

genjin4_2_thumb

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム

最近のトラックバック